名刺のはなし

名刺の裏面も貴重な紙面!有効活用するほかない!

一般的に使用されている名刺のサイズは「55×91mm」(4号)です。こんな小さな紙面しかないのに、裏面を真っ白のままにしてしまうのは非常にもったいないことです。相手に自分のことをよりよく知ってもらうために裏面も活用しましょう。

☆名刺の裏面には何を書けばいい?
名刺を渡された人が真っ先に目に留めるのは通常表面です。このため、表面には一般的に会社名や個人名、電話番号など、仕事をするうえで必要になる基本的な情報を記載します。これに対して、裏面には英文のプロフィールや経歴、資格情報、座右の銘など個性をアピールできる情報を記載する方が多くいます。裏面が会話のネタになるケースもありますので、相手に知ってほしいことを記載すると良いでしょう。

☆過去に流行った面白ネタ!
以前、まだ街のいたるところに公衆電話があった頃、裏面に10円玉を貼ることが流行りました。これには「気になることがあったら何でも聞いてくださいね」という意味が込められていたそうです。携帯電話が普及した今、このネタは通用しなくなってしまいましたが、このようにひとひねりあるともらった方も嬉しくなるでしょう。他の方とは異なる目を引く裏面を目指してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 名刺のはなし

    贈り物としての名刺はどんなものがいい?

    新規オープンや起業などには、名刺を贈り物のひとつに添えるのもいいもので…

  2. 名刺のはなし

    これも大切な顔!いろいろな名刺入れ

    名刺入れといってもいろいろなものがあります。いかにもビジネスマンらしい…

  3. 名刺のはなし

    名刺を頻繁に使う職業・あまり使わない職業

    ビジネスシーンで当たり前のように使っている名刺ですが、頻繁に使う人とそ…

  4. 名刺のはなし

    名刺に書きたい!かっこいい肩書

    名刺を作るときに、どう書いていいかわからないという人も多いのが「肩書」…

  5. 名刺のはなし

    名刺に資格を掲載するほうがいいの?

    肩書きとして資格が書かれている名刺はどのようなときに便利なのでしょうか…

  6. 名刺のはなし

    名刺の色を効果的に使って自分をアピールしよう

    顧客などにアピールできる名刺を作るには、どのようにしたらよいでしょうか…

 

はんこ屋さん21
http://hanko21.link/
  1. 名刺のはなし

    詐欺師と名刺で気をつけるのはここ
  2. 名刺のはなし

    これも大切な顔!いろいろな名刺入れ
  3. 名刺のはなし

    文学を感じる名刺とは?
  4. 名刺のはなし

    贈り物としての名刺はどんなものがいい?
  5. 名刺のはなし

    名刺を作る人は必見!交換する際のビジネスマナーを紹介
PAGE TOP